本文へスキップ

Ai Oriental Clinic

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.048-485-2824

〒352-0001 埼玉県新座市東北2-30-16 細田ビル6階

マイヤーズカクテル点滴Vitamins

マイヤーズカクテル点滴について

  • マイヤーズカクテルの由来

メリーランド州ボルティモア市の開業医であるジョン・マイヤーズ( John Myers )先生は30年以上にわたり、喘息、慢性疲労、うつ病の患者をビタミンやミネラルの点滴療法で治療することで有名でした。マイヤーズ先生は1984年に亡 くなられました。ところがマイヤーズ先生の後を継承する医師がいなかったために、多くの患者が行き所がなくなってしまったのです。

 その患者さんの何人かがペンシルバニア州カーリエル市の開業医でアメリカホリスティック医学協会元会長のアラン・ギャビー(Alan R. Gaby)先生を訪ねました。ギャビー先生はマイヤーズ先生の点滴療法に強い関心を持ち、マイヤーズ先生の処方を再現しようと試みたのです。多くのマイ ヤーズ先生の関係者や患者にインタビューし、点滴処方を現代医学のエビデンスに合わせて改変して再現しました。

 ギャビー先生はそれから11年間に外来で1,000人の患者に15,000件の点滴療法を実施しました。2002年にAlternative Medical Review誌にこの点滴療法を紹介し、マイヤーズ先生の功績を讚えて“マイヤーズカクテル(Myers’ cocktail)”と名付けました。ギャビー先生はこれまでに30以上の学会やセミナーで数千人の医師に教育講演をし、全米各地の統合代替医療や自然療法の医師がマイヤーズカクテルを臨床で処方しています。


  • マイヤーズカクテルの適応症

 ギャビー先生の論文には下記の疾患に有効であると解説をしています。
 
 気管支喘息、偏頭痛発作、全身倦怠・疲労、慢性疲労症候群
 線維筋痛症、うつ病、こむら返り、急性上気道炎、慢性副鼻腔炎
 アレルギー性鼻炎、心不全、狭心症、慢性蕁麻疹、
 甲状腺機能亢進症、生理不順、麻薬の禁断症状。
 
上記疾患以外にも、耳鳴、自律神経障害、不定愁訴症候群、インフルエンザなどにも有用と言われています。



 グルタチオン点滴療法

マイヤーズカクテルとは別のものになりますが、パーキンソン病治療にかなりの効果が期待できる点滴療法が、アメリカで発表されました。
かなりの量のグルタチオンを点滴することで、パーキンソン病の症状改善が認められております。
週に1〜2度点滴することで、症状改善が持続できます。

点滴のやり方としては、効果が出てくるまで、グルタチオンの量を徐々に増やしていくことがポイントになります。

     グルタチオン点滴     10.000円〜 (税別)  (所要時間 30〜40分)


※点滴は全て予約制となります。
 予約がない場合は、ご予約の患者様が優先となりますので、お断りさせていただく場合もあります。
 ご理解とご協力をお願いします。

Ai Oriental ClinicAi Oriental clinic

〒352-0001
埼玉県新座市東北2-30-16
細田ビル6階
TEL 048-485-2824
FAX 048-474-5651